YouTubeっていうサービスは本当にカオスで最高。

YouTube見てるぞーっていう人、大分多いと思います。楽しいですよね。

タイトルのまんまなんですが、海外のミュージシャンのミュージックビデオ、アンダーグラウンドな音楽がミックスされて紹介されてる動画、昔のテレビ番組のアーカイブ、一般素人が投稿したドライブ動画、お笑い番組、インタビュー・対談動画などなど、ありとあらゆるコンテンツが一つのサービスに集約されてて、すごい混沌としてる感じのYouTubeがとても好きです。YouTube最高!

昔はテレビがこういう存在だったんだと思うんですけど、今はもうほとんど見てないです。見るとしたらニュース番組くらいでしょうか。テレビ番組を制作してる人はどんなことを思いながら番組を作ってるのかなーと思ったりもします。

というかそもそも、TVとYouTubeを比較するのもおかしいかもしれません。TVはせいぜい、地上波や、BSとかCS含めても数十チャンネルしかありませんが、YouTubeはそれとは比較にならないくらい、雑多という言葉では収まりきらないくらい、ありとあらゆる領域をカバーするコンテンツ量ですしね。YouTube開いて、見たいものが見つからないってことは、まずありません。

ただ一方で、YouTuberっていう職業の人には、そんなに魅力は感じなかったりもします。個人的に、基本的にYouTuberの番組ってそんなに見たことがないです。毎日動画のネタ考えて、撮影して、編集して、数字見て分析して、っていう作業をずっと繰り返しながら動画を投稿し続けるのは本当大変だろうなーと思うのですが、クリエイターとかタレントとしてはそんなに魅力を感じなかったりします。自分がそんなにYouTuberの方を知らないっていうのもあるかと思いますが。

というか今更ながらですが、YouTubeっていうサービスをしっかりと機能させているインターネットという仕組みも、本当にすごいですよね。利用料として、毎月6000円くらいお金を払ってるわけですが、全く高いと思わせない、本当に価値のあるサービスだなと思っております。インターネット万歳!