若いうちに家を建てた場合の毎月の返済額を計算してみた。

若い世代の人を中心に、住宅を購入したいという人が増加傾向にある見たいです。というわけで、タイトルの通り、若いうちに家を建てる場合、毎月の支払額はどれくらいになるのか、具体的に計算してみました。

ちなみに計算してみた結果ですが、結論、若ければ若いほど、家を建てるのも悪くはないかもと思いました。

なお、都心部で土地付きの注文住宅を購入するなら、およそ4000万円以上の費用が必要になるみたいです。一方で、地方なら土地代込みでも2000万円もあれば家を建てることは可能と言われています。

で、当然、一括でお金を払うなんてことは当然不可能なので、みんな住宅ローンを組む形になるわけですが、もし仮に25歳で家を建てる場合、毎月の支払い額はどれくらいになるのか計算してみました(65歳でローンを完済するという設定で計算しています)。

都心部で4000万円以上の家を建てる場合の毎月の支払い額:

40,000,000円 ÷ (12ヶ月 × 30年)= 約11万円 / 毎月

地方で2000万円くらいの家を建てる場合:

20,000,000 ÷ (12ヶ月 × 30年)= 約5万6000円 / 毎月

と、こんな風に具体的に計算してみたところ、それぞれこんな結果になったわけですが、マンションやアパートの家賃と同じくらいの金額で本当に家が持てちゃうんですね。よく見聞きはしていましたが、本当に同じくらいの金額だなと思いました。

当たり前ですが、マンションやアパートの家賃を払い続けていても、自分の元には何も残りませんが、住宅購入の場合は、家という具体的なモノが形として自分に残ります。しかも住宅ローンを完済すれば、賃貸の場合とは違い、お金を払うことなく家に住むことができます。

ただ、ずーっと住宅ローンを払い続けなきゃいけないというプレッシャーがあるのはデメリットかなとも思いました。仕事で万が一なんかあったりして、収入が途絶えてしまったりする可能性もなきにもしもあらず、だったりすると思われますので、ちゃんと慎重に考える必要はありそうです。

雑記