結婚という選択をすることは本当に幸せなことなのか悩む

結婚しない人が年々増えているそうで、あと十数年もすれば、独身者が人口の半分に達すると言われているみたいです。

ちなみに自分も、タイトルの通り、結婚して、果たして本当に幸せになれるのか疑問を持っている人間だったりします。

この人最高だー!!っていう素敵な人生のパートナーが見つかれば、まだ検討の余地があるんでしょうけど、そんな気配は全くありません。なんとなく結婚したいなーって程度で結婚しても夫婦生活を長続きさせられる自信が全くないんですが、結婚して夫婦生活長く続けられている人達って、いったいどうしてるんでしょうか。

ただ一方で、老後にひとりで生活するっていうのは、結構寂しいことなのかなーとも思ったりします。仕事とかしてれば、少なからず誰かと会話したりしますけれど、会社を退職してしまうと基本暇になって家にいる時間が多くなると思うので、自分一人だけだとかなり強い孤独感を感じるだろうなと。

あと自分の子供が見れない、親に孫の顔を見せてやれないっていうのもあまり良いことではないよなーとも思います。割と子供は好きな方なので、子供欲しいっていう気持ちは結構あります。子供のために仕事頑張るっていう人の気持ちは、子供持っていない自分でも理解できますし、新しい人生のモチベーションにもなるんだろうなと。

が、しかしです。結婚しても、自分の場合、結婚生活を長続きさせられる自信がないのです。数年すれば、相手に抱く感情もいい感じに変化していって、いい感じの愛情を持てるようになるんでしょうか。

結婚しても完全に夫婦関係が冷え切っている、っていう人も少なくないみたいですし、単純に我慢とかの問題でもない気がするんですが、どうなんでしょうか。

というか冷え切った夫婦関係って本当悲惨ですよね。なんのために一緒にいるのか、本当意味不明です。

いったい自分はどうしたらいいんだ、この人と結婚したいぜ、っていういい人は本当に見つかるのか、と悩む日々でございます。

雑記