もしも本当に45歳定年制度が採用されたらゾッとする。

2021年9月11日

飲料メーカー「サントリー」の新浪社長による、「45歳定年制度を採用し、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」という意見がSNSで波紋を広げているようです。

結論から言ってしまうと、これがもし現実になったら、恐怖しかないです。当然45歳で定年した後も、バリバリ働かなければもちろん生活することなんてできませんし、年金などの積み立てもできないわけですから、45歳という年齢で別の会社に新しく転職するか、自分で事業を起こすかしないといけないわけですが、これってかなりハードルが高いと思うんですよね。

例えば転職するにしても、45歳という年齢であれば、どの業界に行くにせよ、マネジメントの経験やスキルが必要とされると思うのですが、これって、45歳くらいのサラリーマンの大多数が身につけられるものではなかったりします。会社で成果を出すことに成功したある程度優秀な人でなければ、会社で部下をもったり、チームのマネジメントを任せられることは、まずないでしょう。

こういったマネジメントの経験やスキルを持っていない人達は、ちょっと極端かもしれませんが、45歳という年齢で、別の会社にて1から新しく仕事を覚えていく、ということになるわけで、はっきり言って会社にとってもよっぽど人材不足で困っている会社でない限りメリットが薄いので、45歳で定年したはいいもの、どこの会社にも受け入れてもらえない、と言った状況になることが多いに考えられます。

あと自分で事業を起こすにしても、事業を軌道に乗せて行くためには、初期段階で、ある程度のお金も必要になると思うのですが、45歳って、まさに子供の進学費用や住宅ローンの費用の工面などに追われる年齢だと思うので、とてもじゃないけど、事業のために余分に貯蓄なんてできないと人が大多数だと思います。

自分はもちろん、現時点で、マネジメントスキルや、他の会社で重宝されるようなスキルもなければ、事業に使えるだけの貯蓄もありません。もしも本当に45歳定年制度が採用されたらやばい状況に陥ってしまうひとりです。